テレビが映らない

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

地デジアンテナ設置は、電波の発信所から受信する場所までの距離や地形によっても大きく左右されます。発信所の近隣では、「強電界地域」呼ばれるように、電波がかなり強く届くために、アンテナ設置が多少ずれても充分に綺麗なテレビ映像を見ることが出来ます。逆に電波が強すぎて信号を減衰されることによってかろうじて綺麗に画像が映るという場合もあるようです。

当然のことですが、発信所から離れるにつれて電波は弱くなって行きます。 放送エリアの境界付近は弱電界地域です。 そのような場所にお住まいの方々は、地デジアンテナを使う必要があります。そして地デジアンテナ設置の調整もより正確さが求められることになります。

利得の高いアンテナをつけても充分に受信出来ないエリアもあります。自分自身で、それ程問題なく地デジアンテナ設置を出来るケースも場所によってあるかもしれません。問題は、アンテナを発信所に向けても電波が弱い時にどうすればいいかということです。

様々な色の四角いブロックノイズが表示されたり、特定のチャンネルが映らないということもあるでしょう。 そのようなとき、地デジアンテナ以外に、ブースターという装置を利用することになります。